カンボジアで日本人はモテる?タイプの違う男6人が現地で体当たり調査!

The following two tabs change content below.
クン

クン

2016年 株式会社ゼネラルリンク入社。 主に制作を担当。 カンボジア経験はまだ浅いが今後の活躍に期待大。 体力には自信あり、体当たり調査もお任せください。

 

突然だが、カンボジア観光に興味がある男性なら一度は、

 

「俺ってカンボジアに行けばモテるかな・・・??」

「日本じゃ全くモテないけど、、他の国の方なら俺の魅力に気づいてもらえる・・!!」

そう思ったことはないだろうか?

 

今回そんな疑問を解決すべく、fambodia編集部がカラダを張って検証してきた。

 

調査内容としては、

街中の女性にひたすら声を掛け、(・・迷惑)

『この中で一番のイケメンは誰ですか?』と書かれたパネルを女性に見せる。(・・もっと迷惑)

得票数がもっとも多かった人が、カンボジアで一番モテる日本人とする。(・・勝手に決めんな)

 

 

■メンバー紹介

そんな迷惑な企画を堂々と決行した6人を紹介しよう。

 

エントリーNo.1 ムラタ

ザ・正統派男子。

女性に対する優しさはNo.1。

この優しさにカンボジアの女性は気付くだろうか。

 

エントリーNo.2 バード

足の速さはno1。

小さい頃は足が速いだけでモテる。

大人になってしまったが、カンボジアでもその常識は通用するのか。

 

エントリーNo.3 ハシモト

日本人気は間違いなく一番の男。

クメール語でのトークができない分、少し不利になるか。

 

エントリーNo.4 クン

そのさわやかな笑顔で女性を魅了し続ける今回の優勝候補

ただ、夏服は典型的なヤ〇キーになりがち
服も込みで判断されれば最下位の可能性も

 

エントリーNo.5 セキグチ

6人の中で唯一の長身マッチョ。

当たれば全部持っていくポテンシャルを備えている。

逆に当たらなければ・・・

 

エントリーNo.6 ジャンデニ

紛れもなく今回のダークホースだろう。

ダークホース以外のなんでもない。

全く読めない。

 

 

検証スタート!!

 

記念すべき一人目の女性は、夕食に立ち寄ったJET’S CAMBODIAにあるお店の女性店員さん。

一人目ということもあり男6人はソワソワ。

 

 

ひと通り飲み食いし、ついに始まる。

 

帰り際、男6人が1列に並ぶ。

完全に異様な光景に店員さんも引いている・・

・・・

 

クメール語で書かれた『この中で一番のイケメンは誰ですか?』というパネルを見せると笑顔に変わる店員さん。(・・おそらく笑顔?)

 

 

そして、10秒ほどの沈黙・・・

 

祈る6人・・・

 

店員さんが指差したのは・・・!!!

 

 

 

エントリーNo.4 クン!!!

 

ありがとおおおおおおお!!!!

これは嬉しい、そして楽しい!!

 

 

最後はちゃんと笑顔で記念撮影。

話した会話は「センキュー」のみ。

センキュー」のみでここまで仲の良さそうな写真が撮れるなんて!素晴らしい企画!

 

 

さあどんどんいきま~~~す!!

 

 

続いて向かったナイトマーケットで・・・

 

 

バートが・・・

 

 

 

 

ナンパ!!??

 

 

・・・

 

 

かと思いきや普通にサトウキビジュースを買ってただけでした。(笑)

 

しかしナイトマーケットではバードが2票獲得!

 

 

こちらは、次の日のお昼に入ったカンボジア料理のお店。

 

結果は・・・

 

 

エントリーNo.5 セキグチ!!!

 

エントリーNo.4 クン!!!

 

少しずつ開いてく差・・・

 

 

 

 

続いて向かったのは~!

 

 

 

若者が多く集まるスポット!!これは期待大!!

 

 

 

希望に胸を膨らませるジャンデニ&ムラタ!!

 

 

 

結果は・・・

・・・

 

 

 

エントリーNo.2 バード!!!

若者2人揃ってバード!!

 

 

・・・

 

エントリーNo.4 クン!!!

1グループ全員!!!(笑)

 

その後も差は縮まらず、、

 

 

クン&バード

 

 

 

・・・

 

 

 

 

クン&バード

 

セキグチ

 

 

バード&セキグチ

 

 

クン&バード&ムラタ

 

 

そのまま差はどんどん開いていった・・・

 

 

 

 

ハシモト&ジャンデニ:なんで????

 

 

 

■中間発表

ここで中間発表をしよう。

現在の時点での得票数はこちら。

18票 クン

14票  バード

4票  ムラタ

4票  セキグチ

1票  ハシモト

0票  ジャンデニ

 

浮かれる2人

 

 

落ち込む2人

 

 

 

・・・

どういう心情!!!!????

 

 

 

 

そして、まさかの急展開。

 

最終日は小学校に行った。

 

 

小学生にも同じアンケートをしてみる。(・・だいぶ迷惑)

 

余裕綽々で小学生とサッカーをしているクンとバード。

 

 

 

初めに入った教室。

低学年のクラス。

通訳の方に内容を伝えてもらい、一番イケメンだと思う人の前に並んでもらうというルール。

 

 

通訳さん:『は~い、それでは一番イケメンだと思うお兄さんの前に並んでくださ~い!』

選ぶ小学生。

 

 

 

 

 

選ばれる大人6人。

 

 

・・・

 

 

 

小学生が動く・・・

 

 

一番票を獲得したのは・・・

 

 

 

 

ムラタ!!!

ここに来てまさかの2位に浮上!!

この旅で間違いなく一番の笑顔!

ムラタのにじみ出る優しさが最終日にようやく届いた。

しかし左の男の子は本当にムラタを選んだのか!?(笑)

 

 

 

 

 

 

そして最後の教室・・・

全員が祈るような気持ちで教室に入る。

 

 

 

 

 

通訳さん:『は~い、それでは一番イケメンだと思うお兄さんの前に並んでくださ~い!

 

 

 

 

 

 

 

ん??

 

 

 

何かがおかしい・・

 

 

 

全員セキグチ??? 6人いるよ??

 

全員セキグチ??

 

 

そんな訳・・・

 

 

 

 

ありました。

最後の最後で逆転優勝!!

誰一人予想していなかった展開に大盛り上がり!

子供たちの笑顔が眩しい。が、それ以上にセキグチの笑顔が眩しすぎる。

 

 

■結果発表

1位 セキグチ

2位 ムラタ

3位 クン

4位 バード

5位 ハシモト

6位 ジャンデニ

今回の調査では年代別に結果が大きく分かれた。

20代に人気のクン、バード。

子供に大人気のセキグチ、ムラタ。

安定して得票のなかったハシモト、ジャンデニ笑

 

予想は当たっていただろうか?

この結果を見て「俺もカンボジアでならモテる!」と思ったあなた。

一度行ってみてはいかがだろうか。



街を作りたい

カンボジアでは学校に通ったとしても十分に教材や勉強道具が揃っていなかったり、

飲み水を確保する為に川まで汲みに行かないといけなかったりと、

まだまだ『支援やサポートが行き届いていない』というのが現状です。

そのため、現地で活動しているfambodia編集部がカンボジアの魅力をより多くの人に伝え

支援やサポートを増やし『街を作ろう』と考えています。



ABOUTこの記事をかいた人

クン

2016年 株式会社ゼネラルリンク入社。 主に制作を担当。 カンボジア経験はまだ浅いが今後の活躍に期待大。 体力には自信あり、体当たり調査もお任せください。