カンボジア学校建設プロジェクト< 女子チーム現場視察 >

着工式に参加した10月13日。

それから約1ヵ月後となる11月13日、学校建設現場の視察にスワイドムナック小学校に行ってきました。

現在どのようになっているのでしょうか。

学校建設②

学校建設①

学校建設③

工事①

教室の枠組みができていて、強い日差しにさらされながら、建築作業は手際よく進められていました。

今までは3教室しかなく1.2.3年生までしか学校に通うことができなかったスワイドムナック小学校。

4年生以降も学校で勉強するためには、歩いて何時間もかかるずっと遠くにある学校まで通わなければいけません…。

この新校舎ができあがれば、4・5・6年生まで同じ学校に通うことができます。

 

子どもたちは学校に着いた私たちを大歓迎してくれました!

学校の子供たち①

この学校に通う子どもたちにご挨拶。

学校で挨拶

「私の名前はエリです」
全員「エリ~!」

このやりとりがうれしい!!!

挨拶の後、GL女子も建築現場をお手伝いさせてもらいました。

  • 教室で先生が立つ教壇のスペースにレンガを積む
  • 壁を塗る
  • 校舎の柱の軸を作る

などなど。

工事手伝い

工事手伝い②

工事手伝い③

最後はみんなで記念撮影!

最初は遠巻きに見ていた子どもたちも、最後には車を追いかけて来てくれるほど仲良しになりました(涙)

学校記念写真①学校記念写真②

学校記念写真③ 

学校記念写真④

学校を作るという貴重な体験をすることができた今回の旅。
子どもたちが嬉しそうにしている姿に、わたしたちも嬉しい気持ちになりました。

 

そしていよいよ今週末の2月5日、開校式です。
今までカンボジアを訪問したプロジェクトメンバーほぼ全員で行ってきます!

 

完成した学校に子どもたちはどんな気持ちを抱いてくれるのでしょうか☆



街を作りたい

カンボジアでは学校に通ったとしても十分に教材や勉強道具が揃っていなかったり、

飲み水を確保する為に川まで汲みに行かないといけなかったりと、

まだまだ『支援やサポートが行き届いていない』というのが現状です。

そのため、現地で活動しているfambodia編集部がカンボジアの魅力をより多くの人に伝え

支援やサポートを増やし『街を作ろう』と考えています。